カードローン総量規制対象外で主婦はお金を借りれる?

カードローン総量規制対象外で主婦はお金を借りることはできます。順番に見ていきますが、そもそも総量規制とはどういうものかというと、個人への貸し付けは年収の3分の1を超えてはならないというものです。つまり、収入がなければ貸しませんよということです。逆に言うと、働いて収入を得ていればよいのですから、主婦といっても正社員はもちろん、パートやアルバイトでも働いていれば何ら問題はありません。問題になるのは無収入の専業主婦の場合です。基本的には総量規制にひっかかるのでカードローンは利用できませんが、総量規制の対象外となるケースがあります。それは、配偶者と合算した収入で年収の3分の1までならお金を借りることができるというものです。つまり、旦那さんに収入があれば利用可能になるのです。ただし、借り入れには条件があります。申込人は主婦本人であっても、婚姻関係を証明する書類、配偶者の収入証明書、配偶者の同意書の提出が求められます。ただし、これらの書類からわかるように、配偶者に内緒でカードローンを利用するのは不可能であるといえます。ところで、この総量規制ですが、これは貸金業法に謳われているもので、対象となるのは、消費者金融、信販会社、クレジットカード会社です。つまり、銀行は総量規制対象外で、借り入れを行うことができるのです。しかし、銀行の場合は明確に専業主婦でも借り入れ可能とうたっていないところに申し込んでも門前払いになってしまいますので、事前にHPなどで確認しておく必要があります。